西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

【西予観光に便利】特急宇和海19号乗車記(松山15:27→宇和島16:49)

f:id:nishiuraexp:20211010134821j:plain愛媛県松山市。JR四国松山駅。

今回はここから特急宇和海号に乗車し宇和島へ向かいます。

 

f:id:nishiuraexp:20211010135030j:plain松山駅の運賃表(路線図)。

右上端の松山から左下端の宇和島まで96.9km。普通運賃1830円・自由席特急料金は1200円です。

松山から宇和島方面への予讃線は、元々水色で示されているルート(通称海線)でしたが、

国鉄末期に内子を経由するオレンジ色で示されている短絡ルート(通称山線)が繋がり特急宇和海号は全列車が山線を通ります。

 

f:id:nishiuraexp:20211010135127j:plain 松山駅時刻表。赤文字が特急宇和海号。

特急宇和海号は全列車が松山〜宇和島間の運転。

等間隔ではありませんが概ね1時間毎に運転されています。

 

f:id:nishiuraexp:20211010134929j:plain今回は松山駅発15:27の19号に乗車します。

 

f:id:nishiuraexp:20211010135333j:plain改札口からホームに入ると目の前の1番線に岡山・高松からの特急を併結した「しおかぜ・いしづち11号」が入線するところでした。

松山駅改札口前の1番線ホームには、乗り換えの利便のため、宇和島へ向かう特急宇和海号と岡山・高松方面からの特急「しおかぜ、いしづち号」が縦列停車します。

(一部の列車は跨線橋を渡っての乗り換えとなります)

 

f:id:nishiuraexp:20211010135521j:plain岡山・高松からの特急「しおかぜ・いしづち11号」が松山駅1番線の高松寄りに停車。

 

f:id:nishiuraexp:20211010135649j:plain一方「しおかぜ号・いしづち11号」が入線した方向とは反対の宇和島方面からは、宇和島からの特急「宇和海18号」が入線。

 

f:id:nishiuraexp:20211010135808j:plain両列車は写真のように1番線でしばらく縦列停車し、相互の乗り換え客と松山駅からの乗客を乗せたのち、それぞれ来た道を折り返していきます。

2つの特急列車を乗り継ぐ場合は、特急料金も通算される特例が設けられています。

 

f:id:nishiuraexp:20211010140040j:plain特急宇和海号の運用に入るのは2000系気動車2両編成。

 

f:id:nishiuraexp:20211010140215j:plain15:27。松山駅発車時点での自由席の乗車率は30%くらいにみえました。

 

f:id:nishiuraexp:20211010140327j:plain松山駅周辺は高架化が予定されており、発車後しばらくは工事現場の車窓が続きます。

 

f:id:nishiuraexp:20211010140436j:plain一部では高架化に先行して複線化も実施され、こちらはすでに供用を開始しています。

今のご時世に地方路線の複線化とは景気のよい話に聞こえるかもしれませんが、

この区間の複線化は必ずしも利用者の増加や旅客列車の増加によるものではありません。

松山駅周辺の高架化に伴い、松山駅に隣接していた車庫を郊外に移転することになり、

その結果、駅隣接の車庫から構内の入れ替えで松山駅ホームに出入りできていた列車を郊外の車庫まで回送する必要が生じました。

今回の複線化は、その回送列車によって列車本数が増加するために行われたものです。

ちなみに高架の松山駅は車庫があった場所に建設され、現在の松山駅部分は高架開業後に広い駅前広場の一部になるようです。

単に駅を高架化すると言っても、車庫移転や車庫までの区間の線路容量の問題など対応すべき課題は多岐にわたります。

 

f:id:nishiuraexp:20211010140803j:plain移転新設された車庫の脇を通過。付近には2020年に南伊予駅が新たに開業しています。

南伊予駅新設の経緯を詳しく調べたわけではありませんが、車庫という地元住民には直接的な利益をもたらさない施設を受け入れてもらうために、なんらかの配慮が必要になるケースもあるようです。

 

f:id:nishiuraexp:20211010140913j:plainつぎの特急停車駅である伊予市までは伊予鉄道郡中線が並行していますが、JR沿線は市街地化が進んでおらず、松山駅から数kmの場所に広大な車庫用地を確保することができたのは幸いであったかも知れません。

 

f:id:nishiuraexp:20211010141020j:plain15:35。伊予市着。

高松から続く予讃線の電化区間は当駅で終わり、この先終点宇和島までは非電化区間となります。

 

f:id:nishiuraexp:20211010141146j:plain伊予市を発車すると次の向井原駅付近で海線と呼ばれる旧来の予讃線が右手に分岐。

特急宇和海号は内陸の通称山線へ入ります。

 

f:id:nishiuraexp:20211010141253j:plain山線は高度成長期以降に建設された新路線らしく、長大トンネルで山を貫く直線的な線形になっています。

 

f:id:nishiuraexp:20211010141416j:plain15:51。伊予市から26kmを16分で走り内子に到着。

 

f:id:nishiuraexp:20211010141609j:plain高架の内子駅から望む内子市街地。

 

f:id:nishiuraexp:20211016232857j:plain内子は江戸後期から明治初期にかけて和紙や木蝋の生産で栄え、当時の白壁や格子戸が残る古い街並みが保存されています。

 

f:id:nishiuraexp:20211016232802j:plain大正時代に建築された木造の芝居小屋「内子座」は国の重要文化財に指定されています。

内子座や古い街並は内子駅から徒歩10分〜15分程度でアクセスできます。

 

f:id:nishiuraexp:20211010141733j:plain内子から10分。向井原から伊予灘沿いを辿ってきた旧来の予讃線(海線)と合流し、16:01伊予大洲に到着。

 

f:id:nishiuraexp:20211010141855j:plain伊予大洲を発車して間もなく列車は肱川にかかる鉄橋を渡ります。

左手には大洲城の天守が見えます。

江戸初期に建築された大洲城の天守は明治期に解体されましたが、平成16年に地元からの寄付などもあって木造で再建されました。

こちらも伊予大洲駅から徒歩でアクセスすることができます。

 

f:id:nishiuraexp:20211010141945j:plain伊予大洲と次の停車駅八幡浜の間で見える工事中の橋脚は、建設中の大洲八幡浜自動車道のものです。

特急宇和海号が結ぶ松山〜宇和島間で並行する高速道路松山自動車道は内子・大洲を経由しますが八幡浜は通らず宇和島へ向かいます。

高速道路の経路から逸れた八幡浜ですが、豊後水道を横断し四国と九州とを結ぶフェリーの発着地となっており、主要交通軸の拠点として機能していることから、

松山自動車道から分岐して八幡浜へ向かう高規格道路として建設が進んでいます。

JR四国が発足した1987年4月当時、四国内の高速道路は松山自動車道三島川之江IC〜土居IC間の僅か11kmのみでしたが、すでに4県庁所在地と高松、岡山を結ぶ高速道路が計画〜着工の段階にありました。

JR四国は発足早々から高速道路時代に対応するため、都市間の所要時間を大幅に短縮するべく大出力エンジンに制御振子装置を搭載した新型特急車両2000系を開発。

1990年頃より土讃線、予讃線で本格的に運転を開始し、都市間の所要時間を数十分単位で短縮しました。

その後、予讃線は松山の先伊予市までの電化を機に電車特急8000系に置き換えられ、土讃線でも近年新型の2700系への置き換えが進みましたが、

所要時間は2000系で運転された当時とほぼ変わっておらず、約30年前の2000系登場がいかにインパクトのあるものだったかを物語っています。

なお主要区間からは退いた2000系ですが、乗車中の特急宇和海号や、土讃線の高知以西のみを走る特急あしずり号で最後の活躍を続けています。

 

f:id:nishiuraexp:20211010142031j:plain16:13。八幡浜着。

九州大分方面へのフェリーのりばは駅前から徒歩でアクセスできない距離ではありませんが、少し離れているので、乗り継ぐ場合は時間的な余裕を見ておく必要があります。

 

f:id:nishiuraexp:20211010142152j:plain伊予石城駅手前では右の車窓に広がる田園地帯の中に、平成23年に東京の美術大学と地元有志の協働で制作されたという「わらマンモス」が見えます。

地元で開催される「レンゲまつり」を盛り上げるために作られたようですが、今では常設となっています。

特急は止まりませんが、伊予石城駅から徒歩3分と便利なので鉄道旅のアクセントに立ち寄るのも面白そうです。

 

f:id:nishiuraexp:20211010142330j:plain「わらマンモス」最寄り駅の伊予石城駅では運転停車し松山行の特急宇和海22号と行き違い。

以前は4両での運転も珍しくなかった宇和海号ですが、高速道路の影響を受け現在では2両編成が主体になっているようです。

 

f:id:nishiuraexp:20211010142418j:plain16:30。卯之町着。

人口約4万人の西予市を代表する駅で、駅周辺には市役所を始め都市機能が集約されています。

 

f:id:nishiuraexp:20211010142521j:plain16:41。最後の停車駅伊予吉田に到着。

 

f:id:nishiuraexp:20211010142615j:plain伊予吉田駅を発車した列車は、海を見下ろす登り勾配にかかります。

ハイパワーの特急気動車に乗っていると実感が薄れますが、西予市と宇和島市を隔てる法華津峠はトンネル9本、最急勾配33パーミルという本格的な峠道です。

四国山地を乗り越え高知へ向かう土讃線に比べ瀬戸内海に沿う予讃線は平坦線のイメージがありますが、その西端にあたる八幡浜以西には法華津峠以外にも33パーミルの急勾配区間が複数あります。

 

f:id:nishiuraexp:20211010142700j:plain峠を越え終点宇和島の一つ手前の北宇和島で予土線と合流。

列車は宇和島の市街地に入ります。

 

f:id:nishiuraexp:20211017210124j:plain16:49。特急宇和海号の終点であり、高松から続く予讃線の終点でもある宇和島に到着。

規模は違いますが予讃線の起点高松駅と同じ行き止まり式の駅で、エレベーターやエスカレーターなどなくともバリアフリーが達成されています。

 

f:id:nishiuraexp:20211010142903j:plain宇和島駅コンコース。

 

f:id:nishiuraexp:20211010142955j:plain宇和島駅の上階はJRホテルクレメント宇和島になっており、コンコースからドア1枚、駅前に出ることなくチェックインすることも可能です。

 

f:id:nishiuraexp:20211010143108j:plain最後までお読みいただきありがとうございました。

 

www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com

 

観光列車「〇〇のはなし」乗車記(東萩14:13→新下関17:50)

f:id:nishiuraexp:20210927195813j:plain山口県萩市。JR西日本山陰本線東萩駅。隣には萩駅もありますが、ここ東萩駅が萩市の玄関の役割を果たしています。

 

f:id:nishiuraexp:20210927195839j:plainさて今回はここ東萩駅から観光列車「〇〇のはなし」に乗車し終点の新下関駅へ向かいます。

 「〇〇のはなし」は、午前に山陽新幹線・山陽本線の新下関駅から下関駅を経由して山陰本線に入り東萩駅まで運転され、午後に東萩から新下関に戻るダイヤになっています。

「○○のはなし」の列車種別は「快速」で、全車普通車扱いですので、普通乗車券に座席指定券を追加するだけで気軽に乗車することができます。

 

f:id:nishiuraexp:20210927195954j:plain改札口を抜けホームへ。

新下関行「○○のはなし」の東萩駅発車時刻は14:13です、

車両は、国鉄末期に非電化路線でも比較的需要がある路線の普通列車むけに導入されたキハ47系2両編成を観光列車として改造したものです。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200044j:plain車内へ。

幕末・開国~明治維新の時代に多くの志士を輩出した長州「萩」を目的地とする観光列車ということで、

 

f:id:nishiuraexp:20210927200158j:plain下関寄りの1号車は「西洋が憧れる日本」がコンセプト。

和室のような内装で床の一部には畳も使われています。

全体として和食レストランや寿司店を連想させるインテリアです。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200244j:plain

f:id:nishiuraexp:20210927200316j:plain一方、東萩寄りの2号車は「日本が憧れた西洋」がコンセプトで、

レンガ造りをイメージした壁面に革張りのソファーが並びます。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200352j:plain2号車の車端にはグッズ・お土産の販売カウンターのほか、乗車記念スタンプが設置されています。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200451j:plain今回は1号車の1人席を希望していましたが、あいにく満席で、2号車の2人掛け席に落ち着きました。

なお「〇〇のはなし」の座席指定については、1.2号車とも座席と窓枠の相性が良い席、悪い席が存在します。

JR西日本HPの「〇〇のはなし」の詳細を紹介するページには、窓枠の位置と座席番号が一目で分かる親切な座席図が掲載されているので事前に確認しておきたいところです。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200421j:plain座席の足元は広くコンセントも設置されています。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200542j:plain14:13東萩駅を発車。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200649j:plainおよそ4分で萩駅に停車。萩駅は萩市の中心からは離れているものの、よく整備された木造駅舎が美しく一度途中下車する価値のある駅です。

 

f:id:nishiuraexp:20211004153411j:plain萩駅舎(2016年撮影)。登録有形文化財に指定されています。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200720j:plain萩を発車すると列車は日本海に沿って進みます。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200743j:plain2号車の座席はすべて日本海を望む方向に向いています。

日本海に向かって後方になる座席からは写真のようなアングルで車窓を眺めることになります。

今回は日本海側の窓に面した座席ばかりが埋まり後方席は全て空席でしたが、

後ろへ下がる分、複数の窓から広角で車窓を楽しむことができるメリットもあり、一概にどちらのほうが眺めが良いと断じることはできないように思います。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200827j:plain萩駅から約30分。長門市駅に到着。

列車はここで進行方向をかえ、わずか2.2Kmの行き止まり路線である山陰本線仙崎支線に入ります。

長門市駅での乗降は仙崎支線を往復して戻ってきてからとなり、1回目の停車は進行方向転換のための運転停車となっています。

 

f:id:nishiuraexp:20210927200935j:plain右が萩から辿ってきた山陰本線、左がこれから進む仙崎支線です。

仙崎支線は普通列車のみ1日6往復の運転で終点仙崎まで途中駅はありません。

仙崎駅の1日の利用者数は45人。

「よくぞ廃止されずに残っているものだ」と個人的には思ってしまいますが、

独立した路線ではなく山陰本線の一部という扱いが奏功しているのでしょうか。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201000j:plain折り返しとなる仙崎駅では、30分の停車時間があります。

車内では希望者に仙崎駅周辺の観光地図が配られました。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201022j:plain30分の停車時間で訪問できそうなのは、

仙崎出身の童謡詩人金子みすゞ氏を紹介する「金子みすゞ記念館」と、

海に面して建つ道の駅「センザキッチン」あたりになりそうです。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201052j:plain長門市駅から約4分。

地図を眺めている間に行き止まりの仙崎駅に到着。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201151j:plain仙崎駅舎。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201243j:plain仙崎駅前から「センザキッチン」に続く道路。

地図を眺めながら、

郷土の偉人を紹介する記念館を訪問しても滞在時間はせいぜい10分程度しかとれず、慌ただしく退出して駅に帰ってくることになりそうであり、

「そういう訪問の仕方が歓迎されるだろうか」などと考え、

「センザキッチン」へ行くことにしたのですが、他のお客さんも皆同じ結論になったようです。

 

 

f:id:nishiuraexp:20210927201327j:plain仙崎駅から徒歩5分かからずにセンザキッチンの入口に到着。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201357j:plain

f:id:nishiuraexp:20210927201435j:plain道の駅に加えインフォメーションセンターや観光船のりば、

f:id:nishiuraexp:20210927201504j:plain海に面したウッドデッキなども併設され1時間の滞在でも退屈することはなさそうです。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201558j:plain今回は5分程の余裕を持って列車に戻ることができましたが、

もう10分〜15分くらい停車時間が長ければ「センザキッチン」での買い物も増え、「金子みすゞ記念館」訪問という選択をする乗客も増えるのではないか。

というのが個人的な感想です。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201623j:plain「センザキッチン」で購入したお寿司。

寿司ですがシャリは酢飯ではなく「おから」で、当地では「きずし」と呼ばれているようです。

調べてみると西日本では愛媛県西部にも同じような郷土レシピが存在するようです。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201654j:plain列車は仙崎支線を折り返し、15:31長門市駅に戻ってきました。

今度は時刻表上にも記載のある正式な停車であり、改札前ホームからは「歓迎」の旗を持ってのお出迎えもしていただきました。

なお「〇〇のはなし」の今回の乗車区間(東萩〜新下関)の乗車券を購入する際、

仙崎支線往復分の運賃について、

JRの規則を厳密に運用すれば「東萩〜仙崎と仙崎〜新下関のように分割購入するか、東萩〜新下関を通しで購入した場合は、別途長門市〜仙崎往復の乗車券が必要になるはず」と思い、

購入駅の「みどりの窓口」で尋ねたところ「JR側がそのような経路で運行しているので仙崎支線区間の運賃は不要」との回答をいただきました。

ネット情報によれば明文規定まではないようですが、JR事実上公認の「タダ乗り」区間で途中下車観光までできる。という事例は他に思いつきません。

 

f:id:nishiuraexp:20210927203205j:plain駅ホーム設置の「〇〇のはなし」運行経路図。

長門市に戻り山陰本線に復帰した「〇〇のはなし」は本州最西端の海岸線に沿って下関方面へ進みます。

 

f:id:nishiuraexp:20210927201759j:plain長門市を発車してしばらく、日本海に浮かぶ「青海島」を望むビュースポットで一旦停車。

青海島は周囲40km。大自然によって造られた洞門や石柱などの奇岩、怪岩が数多く存在することで知られます。

本土とは仙崎市街から続く青海大橋によって車での往き来が可能です。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202050j:plain16:15頃。列車は長門市域から下関市に入り阿川駅に到着。

阿川駅にはカフェ「Agawa」が最近開業しています。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202120j:plain新下関行の「○○のはなし」は6分程度阿川駅に停車。

テイクアウトで車内持ち込みというお客さんも多いようでした。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202222j:plain阿川に続いて、16:27特牛に停車。

読みは「とっこい」ではなく「こっとい」です。

全国屈指の難読駅として知られる駅です。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202248j:plain16:33滝部駅に停車、

新下関行「○○のはなし」は、阿川駅から先の下関市内区間については、快速列車らしく淡々と進んでいく印象です。

「〇〇のはなし」という変わった列車名の由来は、列車の走行区間の3自治体「萩市」「長門市」「下関市」の頭文字を取ったものですが、

実際に乗車してみると、3者は並列の関係と言うよりは、

下関市や対岸の北九州市など関門海峡周辺を訪れる多くの観光客を、下関市と同じ山口県内の「は」や「な」に引っ張り混むという「動線作り」と、

下関近郊以外では芳しいとは言えない山陰本線の利用促進という2つの役割が期待される観光列車という背景を個人的には感じました。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202354j:plain

f:id:nishiuraexp:20210927202440j:plain本州最西端。関門海峡の北西に広がる海域は「響灘」と呼ばれます。  

列車は響灘を望むビュースポットで再び一旦停車。

時刻は17時前。乗車した9月下旬では日没には少し早かったものの、これからの季節は、この付近で日没時刻を迎えるものと思われます。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202522j:plain16:58。下関近郊区間の入口にあたる小串駅に停車。

先述のように運賃に座席指定券を追加するだけで気軽に乗車できる「〇〇のはなし」ですが、 

小串駅からは19分前と17分後に当駅始発の下関行の普通列車が設定されており、地元利用との混乗は極力回避されているようです。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202642j:plain17:03。川棚温泉駅停車。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202726j:plain川棚温泉駅を発車すると次の停車駅は下関。

沿線はしだいに都市近郊らしい風景に変わっていきます。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202756j:plain下関の一つ手前の駅であり、京都から続く山陰本線の終点でもある幡生で運転停車。

下関までの最後の一駅間は山陽本線を走行します。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202830j:plain17:39下関着。

これから下関周辺を訪れる観光客や北九州、福岡方面へ帰る方はここで下車となります。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202854j:plain17:43。下関駅で半数以上の客が下車した「○○のはなし」は、進行方向をかえて山陽本線を折り返し新下関へ向かいます。

幡生に停車しない列車を利用した結果、幡生~下関間が重複乗車となる場合については、下関駅で途中下車しない限りその区間の運賃は不要となります。

仙崎支線とは違い明文規定があり市販の時刻表にもその旨の記載があります。

 

f:id:nishiuraexp:20210927202923j:plain幡生を通過すると東萩から辿ってきた山陰本線が分岐していきます。

同じ長大幹線でも全線が複線電化(一部複々線)の山陽本線にくらべ、山陰本線の大半はローカル線とかわらない単線非電化であり、廃止のはなし(公式ではない噂や危機感の類)がささやかれている区間も存在します。

 

f:id:nishiuraexp:20210927203003j:plain17:50。山陽新幹線の高架駅舎が頭上を覆う新下関駅終点に到着。

山陽新幹線の新下関駅はこだま号のみ停車が基本ですが、「〇〇のはなし」到着から18分後の18:08に、ひかり号相当の「さくら566号新大阪行」が停車し、乗り継ぐと姫路20:02、新神戸20:19、新大阪20:32に到着することができます。(2021年9月現在のダイヤです。)

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com

 








































【15468PV】ブログ開設から37ヶ月目のアクセス数と今後の投稿予定について

いつも当ブログ(西浦特急鉄道と旅のブログ)の記事をお読みいただきありがとうございます。

ブログを開設した2018年9月から37ヶ月目にあたる、2021年9月のアクセス数等について書かせていただきます。
f:id:nishiuraexp:20211001204434j:plain
2021年9月のアクセス数は、30日23:59現在で15468PV、1日あたりでは516PVとなりました。
先月から2241PVの減少です。(1日あたりでは55PVの減少)
現時点での公開記事数は本記事を含めて333記事、
247名の方に読者登録していただいています。
2019年2月以降のアクセス数の推移は下記のとおりです。

2月   3364PV

3月   4313PV

4月  5124PV

5月  7014PV

6月  6629PV

7月   7419PV

8月   10589PV

9月   10995PV

10月 11633PV

11月 12637PV

12月   13258PV

2020年

1月  14675PV

2月  10990PV

3月   12638PV

4月   13471PV

5月   10602PV

6月   6215PV

7月   8996PV

8月  10938PV

9月  9455PV

10月   8861PV

11月  9434PV

12月 13272PV

2021年

1月  14326PV

2月   13310PV

3月   14849PV

4月  13164PV

5月  15194PV

6月  14770PV

7月  16760PV

8月  17709PV

9月 15468PV

10月は新東名高速道路への経路変更で所要時間短縮が図られるJRバスの東海道昼特急号や、JR四国の特急宇和海号、鉄道ホビートレインなどの記事を投稿する予定です。

【1時間で萩へアクセス】高速バス「スーパーはぎ号」乗車記(新山口駅11:00→東萩駅12:10)

f:id:nishiuraexp:20210925100410j:plainJR西日本新山口駅。

こちらは山陽新幹線の駅から自由通路で在来線を跨いだ先にある北口バス乗場です。

今回はここから高速バス「スーパーはぎ号」に乗車し、同じ山口県の日本海側に位置する萩へ向かいます。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100455j:plain「スーパーはぎ号」は座席定員制で事前予約はできません。

運賃は降車時に支払うこともできますが、北口バスターミナルに隣接するバス案内所で事前に乗車券に購入することもできます。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100518j:plainバス案内所の運賃路線図。

「スーパーはぎ号」は新山口駅北口を発車すると、次は萩市街地の萩明倫センターまでノンストップ。

萩明倫センターからは萩バスセンターを経由し終点のJR東萩駅へ向かいます。(運賃路線図右上端)

萩市内各停留所までの運賃は2090円が正規ですが、2022年3月末まではキャンペーンで1600円に値下げされています。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100543j:plainバス案内所の券売機はキャンペーン運賃対応済みでした。

券面下には中国JRバスにもご乗車できます。と書かれています。

「スーパーはぎ号」は2021年9月現在1日4往復の運行で、中国JRバスと防長交通がそれぞれ2往復を担当しています。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100601j:plain今回乗車する新山口駅北口11:00発のJR東萩駅行は中国JRバスの運行です。

車両には山陽新幹線のハローキティ新幹線と共通のピンク色主体のラッピングが施され「これがJRバスなのか」と目を疑うばかりです。

 

f:id:nishiuraexp:20210925102322j:plain 発車5分程前にバスターミナル2番乗場に入線。

「コロナ禍で空いているだろう」との個人的な予想に反して、乗場には入線前から行列ができており、窓側の席をほぼ埋めての発車となりました。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100714j:plain新山口駅北口を定刻に発車したバスは、しばらく市街地を走行し山口宇部道路の長谷ICへ向かいます。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100741j:plain長谷ICから山口宇部道路へ進入。しばらく東方向へ進路をとります。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100825j:plain小郡ICで山口宇部道路から中国自動車道下り線に進入。今度は西方向に進みます。

地図上では迂回しているように見えても、高規格道路のネットワークを駆使するほうが、時間距離は短くなり安全性や快適性も高まるということのようです。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100850j:plain鉄道では険しい山越えのイメージが強い中国地方の内陸部ですが、

中国自動車道は峠の少し南(山陽側)を横に貫いており、車窓風景は思いのほか広々とした長閑なものです。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100912j:plain「秋吉台・萩」の表示が見えた美祢東JCTで中国自動車道から流出。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100933j:plain新山口駅北口発車から20分。

バスは国道490号のバイパスとして整備された小郡萩道路に入ります。

 

f:id:nishiuraexp:20210925100959j:plain小郡萩道路を北上。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101024j:plain

f:id:nishiuraexp:20210925101051j:plain美祢東JCTから約10分。

現時点で小郡萩道路の終点となっている絵堂IC からは、旧来の国道490号を北上します。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101115j:plain一般道区間に入っても信号は少なく快適な走行が続きます。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101134j:plain沿道には彼岸花の赤色が目立っていました。

車窓の変化に季節の移ろいを感じることも一般道を走るバス路線の楽しみです。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101158j:plain今回は萩市街まであと10分の場所に位置する「道の駅・萩往還」の駐車場に臨時停車。

この数分前に後方席の女性が「子供がトイレに行きたいと言っている」と運転手さんに申し出たことを受けてのことですが、

「公共交通での旅行」と「マイカーでの旅行」の違いを子供に教えるべき若いお母さん自身が、その区別ができていないのではないか。と思わずにはいられません。

わずか3分でも20人乗っていれば1時間の時間が失われた計算になり、皆が同じことをすれば公共交通の定時運行などできるはずもありません。

終点まで1時間10分の座席定員制の路線で、コロナ禍でも半分の席が埋まる状況ですから、座席を多く設置できるトイレ無し車両で運行する中国JRバスの判断は妥当だと個人的には思います。

もしトイレに関してサービス向上を考えるならば、新山口駅バスターミナルの掲示や放送などで「トイレ無し車両での運行なので事前に用事をすませて乗車してほしい」旨の周知を強化することではないでしょうか。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101224j:plainバスは少し遅れて萩市街地へ。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101253j:plain12:03。萩明倫センターに到着。

バス停の奥に見えている建物は、萩藩の藩校[明倫館]の跡地に建設された明倫小学校の校舎として平成26年まで使用されていたもので、

現在は観光拠点としてリニューアルされています。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101318j:plain萩明倫センターに続いて萩バスセンターに停車。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101341j:plain萩バスセンターを発車したバスは、萩市街地を流れる松本川にかかる萩橋を渡り終点の東萩駅へ向かいます。

内陸から萩へと流れてくる阿武川は萩市街地の南で橋本川と松本川に別れて日本海に注ぎますが、萩の市街地の大半はその2本の河川の間に広がっています。

言い方を変えればJR東萩駅は市街地の中心から見れば「川むこう」の少し離れた場所に位置しています。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101425j:plain12:15。5分程遅れてJR東萩駅に到着。

市街地の中心に近い萩明倫センター、萩バスセンターでの降車が多く、終点まで乗り通した乗客は5人以下でした。

 

f:id:nishiuraexp:20210925101452j:plain「 川むこう」の東萩駅ですが、駅前ではレンタサイクル店が営業しており、東萩駅を拠点に市街地に点在する名所旧跡を自転車で効率よく巡ることができます。

 

f:id:nishiuraexp:20210926162147j:plain

f:id:nishiuraexp:20210926162210j:plain東萩駅から自転車で6分。世界遺産松下村塾、松陰神社。

 

f:id:nishiuraexp:20210926162234j:plain高杉晋作生家付近の街並み。

 

f:id:nishiuraexp:20210926162252j:plain菊ヶ浜海水浴場の眺め。


筆者はレンタサイクルで2時間程、萩市街地を巡ったのち、東萩発14:13の観光列車「〇〇のはなし」に乗り継ぎました。

続きはこちらです。

www.nishiuraexp.com

 

 

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.com

 

【地方から地方へ】FDA静岡出雲線(FDA181便)搭乗記。静岡8:20→出雲9:35

f:id:nishiuraexp:20210725212343j:plain静岡県掛川市。JR東海掛川駅前。

今回はここから静岡空港へ向かいフジドリームエアラインズの出雲行を利用します。

##本記事記載の運賃、ダイヤ、割引などは別に断っているものを除いて2021年7月の利用日現在のものです。

 

f:id:nishiuraexp:20210725212412j:plain静岡空港は静岡県の島田市と牧之原市に跨がる場所に建設され2009年に開港した空港で、

空港からの直線距離では東海道線島田駅、道路距離では同金谷駅が最寄り駅となります。

静岡空港へのアクセスとしては、静岡駅、藤枝駅、島田駅、金谷駅などからバスが運行されていますが、

掛川駅からは静岡空港を拠点とするフジドリームエアラインズ利用者むけの無料アクセスバスが運行されています。

 

f:id:nishiuraexp:20210725212445j:plainフジドリームエアラインズ静岡空港アクセスバス掛川駅前時刻表。

掛川駅から静岡空港まで40分で結ぶダイヤです。

 

f:id:nishiuraexp:20210725212515j:plain6:20頃。バスが到着。

スマホで静岡空港からのFDA便の予約画面などを運転手さんに提示して乗車します。

FDA便の予約があればバスは予約なしで利用できる点は便利です。

休日の早朝でしたが筆者のほかにも数人が乗車しました。

 

f:id:nishiuraexp:20210725212616j:plain定刻を待って掛川駅前を発車したバスは、市街地を抜け茶畑が広がる当地らしい風景を見ながら走り、

 

f:id:nishiuraexp:20210725212651j:plain

f:id:nishiuraexp:20210725212721j:plain

7:00頃。フジドリームエアラインズが拠点を置く静岡空港のターミナルビル前に到着しました。

 

f:id:nishiuraexp:20210725212756j:plain

静岡空港ターミナルビル外観。

開港から10年余りとまだ新しいこともありガラス張りの近代的で斬新な雰囲気が感じられる建物です。


f:id:nishiuraexp:20210725212825j:plainターミナル入口に掲示された就航会社一覧。

コロナで行き来が制限されるまでは、空港規模に比して中国各地への路線か非常に充実していたことがわかります。


f:id:nishiuraexp:20210725212850j:plainターミナルビル1階、FDAチェックインカウンター。

自動チェックイン機もありますが、今回は誕生月にFDA便を利用する場合に購入することができるバースデー割で予約しており、

搭乗券発券に際して誕生月であることを確認できる免許証などの提示が必要になるためカウンターでのチェックインとなりました。

バースデー割はLCCのキャンペーン価格のような極端な割引はありませんが、記事を書いている本日の1ヶ月後の搭乗便181便(10月生まれの方が対象)の運賃を見てみると、25歳以下限定のユース割や60歳以上限定のシニア割運賃以外ではバースデー割が最安値となつていました。

 

f:id:nishiuraexp:20210725212911j:plain搭乗券。

 

f:id:nishiuraexp:20210725212942j:plain掛川駅からの無料バスは7:35発の福岡行141便利用者との混乗だったため、搭乗券を受け取った時点で出雲行の出発時刻8:20まで約1時間の余裕があり、ゆっくりと空港ターミナル内を見て歩くことができました。

まず1階はFDAとANAのチェックインカウンターのほか、

 

f:id:nishiuraexp:20210725213009j:plain

f:id:nishiuraexp:20210725213038j:plainセブンイレブンと、その横には軽食などができるフリースペースがあります。

 

f:id:nishiuraexp:20210725213109j:plainエスカレーターで2階へ。


f:id:nishiuraexp:20210725213211j:plain2階は土産物屋とフードコートがメインで、

 

f:id:nishiuraexp:20210725213236j:plainエスカレーターの位置からだとフードコートや土産物屋の奥にあたる場所に保安検査場の入口があります。

 

f:id:nishiuraexp:20210725213304j:plainそして保安検査場近くのフードコートから奥へ伸びる通路を進むと、

 

f:id:nishiuraexp:20210725213330j:plainカードラウンジのYOUR LOUNGEがあります。

 

f:id:nishiuraexp:20210725213405j:plainラウンジ内部。

サービス内容はソファ、ソフトドリンクなど一般的なカードラウンジと同じですが、

施設が新しく広々としており非常に快適に過ごすことができます。

 

f:id:nishiuraexp:20210725213434j:plainラウンジ内の窓側の席からは、搭乗口への通路越しに駐機中の機体や滑走路を眺めることができます。

 

f:id:nishiuraexp:20210725213459j:plainラウンジにしばらく滞在したのち、保安検査場を抜け搭乗口へ。

 

f:id:nishiuraexp:20210725213520j:plain制限エリア内にもセブンイレブンがあります。

 

f:id:nishiuraexp:20210725213541j:plain午前8時前、間もなく搭乗開始。


f:id:nishiuraexp:20210725213607j:plain機体毎に塗装が違うフジドリームエアラインズですが、今回はピンク色の3号機にあたりました。


f:id:nishiuraexp:20210725213635j:plainシートの枕カバーは機体の色に合わせてあるようです。


f:id:nishiuraexp:20210725213721j:plainコロナ下でも新聞配布や機内誌のサービスは維持されていました。


f:id:nishiuraexp:20210725213756j:plain機内誌掲載のフライトマップ。

静岡空港離陸後、北西に進路をとり、名古屋空港、琵琶湖、舞鶴、鳥取付近を通り出雲空港へ向かいます。

 

f:id:nishiuraexp:20210725213940j:plain定刻8:20より少し早めにドアを閉め滑走路へ。

機内を見渡すと前方の席はある程度埋まっていますが、後方は空席が多く搭乗率は50%を下回っていたようです。


f:id:nishiuraexp:20210725214006j:plain御前崎などを見ながら一旦太平洋上に出たのち、旋回して北上を始めると右手には富士山がみえました。

富士山静岡空港の呼び名もある静岡空港ですが、富士山までの距離は羽田空港より少し近い程度。静岡県が東西に長い県であることを視覚的に実感できる機窓です。


f:id:nishiuraexp:20210725214031j:plain水平飛行に入り機内サービスの時間。

通常のドリンクサービスに朝便限定のクロワッサンがつき、

今回はバースデー割利用ということでラゲッジタグのプレゼントまでいただきテーブル上が華やかです。


f:id:nishiuraexp:20210725214057j:plainしばらくして雲の切れ目に見えた地上の景色はフライトマップや離陸からの時間を考慮すれば丹後半島の由良川河口付近ではないでしようか。そう思うと有名な京都丹後鉄道の由良川鉄橋が見える気がします。

 

f:id:nishiuraexp:20210725214153j:plain京都府北部上空からは山陰海岸に沿うように西へ進みます。

写真右下エンジン付近に見える市街地は兵庫県北部の豊岡市の中心で付近の山中には但馬空港の滑走路も辛うじて確認できます。

 

f:id:nishiuraexp:20210725214354j:plain次第に高度が下がり鳥取市上空を通過。

市街地の右手には砂丘が、左手には鳥取空港の滑走路の一部が見えています。

 

f:id:nishiuraexp:20210725214454j:plain米子空港がある弓ヶ浜半島を横断し最後は宍道湖上から出雲空港に進入。

 

f:id:nishiuraexp:20210725214529j:plain9:15頃。出雲空港に着陸。

 

f:id:nishiuraexp:20210725214618j:plain出雲空港に到着した機体。


f:id:nishiuraexp:20210725214751j:plain定刻9:35より15分の早着でした。

出雲空港の主役はJALでANAは就航していません。

FDAの静岡出雲線もJALとのコードシェアとなっており、JALの予約サイトからJAL便名で購入することもできます。


f:id:nishiuraexp:20210725214654j:plain出雲空港ターミナルビル1階到着口周辺。


f:id:nishiuraexp:20210725214905j:plain出雲空港から島根県の県庁所在地松江まではバスで35分。1050円です。

松江行のバスは航空便の到着に接続するダイヤで運行されています。

 

f:id:nishiuraexp:20210725215016j:plain9:45発の松江方面のバスに乗車。

他の便で到着した客との混乗ではありませんが、181便の早着には関知せず定時を待っての発車となりました。


f:id:nishiuraexp:20210725215118j:plain出雲空港発車後、宍道ICから山陰自動車道を走つたバスは、一般道に降り宍道湖沿いを松江市街へと進みます。


f:id:nishiuraexp:20210725215204j:plain10:20頃JR松江駅前に到着。

掛川駅からちょうど4時間での到着です。

静岡駅からバスで静岡空港へ向かった場合も同程度の所要時間になると思われますが、

東京大阪など主要都市との行き来を念頭に置いた鉄道(JR)の路線、ダイヤは、

静岡と松江のような遠方の地方都市同士の連絡には不向きと言わざるを得ません。

FDA181便に近接する時間のダイヤを時刻表で確認すると、1時間に1本の静岡停車のひかり(501号)の静岡発が8:07で、岡山に11:17に到着。

やはり1時間に1本の山陰方面への特急やくも号との接続は悪く、乗り換えは岡山発12:05の11号となり松江着は14:43になってしまいます。

ヨーロッパでは主要都市間での鉄道と航空の競合を潔しとせず、コロナ禍を契機に棲み分けに向かうアクションも見られるようで、その流れは今後日本に波及する可能性もあります。

20年〜30年先の国内長距離移動の姿を想像すると東京〜福岡・札幌など空の主要路線が高速鉄道にとってかわられる一方で、

国内航空路線は、巨大なインフラで大量輸送を行うことが前提の鉄道では「手の届かない」地方と地方の迅速な移動を支えることがメインになるかも知れない。

FDAの小型ジェット機で地方から地方へ飛んでみての個人的な感想です。

最後までお読みいただきありがとうございました。


www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com

www.nishiuraexp.com
www.nishiuraexp.com

 

【並行高速道路が全線開通】特急ふじかわ12号乗車記(甲府16:35→静岡18:55)

f:id:nishiuraexp:20210819173519j:plain山梨県甲府市JR甲府駅改札口。

今回はここから静岡行の特急ふじかわ号に乗車します。

 

f:id:nishiuraexp:20210819174142j:plain特急ふじかわ号の終点は静岡ですが、今回は静岡で東海道新幹線に乗り継ぎ静岡空港に近い掛川へ向かいます。

 

f:id:nishiuraexp:20210819173551j:plain特急ふじかわ号は、甲府と静岡の間を身延線経由で2時間少々で結ぶ特急列車で1日7往復の運転。

乗車するのは甲府16:35発の12号です。

 

f:id:nishiuraexp:20210819173615j:plain甲府駅から特急ふじかわ号など身延線方面の列車に乗車する場合、1番ホームの東端に位置する行き止まり式の4番・5番線からの乗車となります。

 

f:id:nishiuraexp:20210819173647j:plain甲府発の身延線は普通列車が概ね40分毎、その間に特急ふじかわ号が約2時間間隔で運転されています。

 

f:id:nishiuraexp:20210819173709j:plain16時過ぎ。少し遅れて静岡からの特急ふじかわ7号が4番線に到着。

乗客が下車したあと車内清掃と座席回転が行われ、折り返し特急ふじかわ12号となります。

特急ふじかわ号は全列車が写真の373系3両編成での運転です。

 

f:id:nishiuraexp:20210819173749j:plain

f:id:nishiuraexp:20210819173830j:plain373系は東京〜静岡間の急行東海号、東京〜大垣間の夜行快速列車、現在の特急ふじかわ号の前身で静岡〜甲府を結んでいた急行富士川号やそれらの間合いで東海道線の普通列車としても運転されていた急行型電車165系を置き換える目的で1995年に投入されました。

373系は特急型車両として製造され、急行東海号と急行富士川号は373系投入に伴い特急に格上げされました。(特急東海号は2007年に廃止)

一方で間合いとはいえ乗降の多い普通列車の運用にも入る前提であったため、スムーズな乗降を考慮する必要があり、ドアは特急車両としては珍しい幅広の両開きが採用されデッキと客室を仕切る扉も設けられていません。

 

f:id:nishiuraexp:20210819173928j:plainドアが車端ではなく少し中間に寄った位置にあるのも特急車両としては異例で、

ドアと車端の間のスペースは4人掛席の真ん中にテーブルが配されたコンパートメントのような区画になっています。

 

f:id:nishiuraexp:20210819173904j:plain

f:id:nishiuraexp:20210819173958j:plain

特急車両でありながら普通列車としての運転も考慮された373系ですが、座席は他のJR特急車両と比較して見劣りするようなことはなく、モケットの色遣いの効果もあって普通車の座席としては高級感さえ漂っています。

 

f:id:nishiuraexp:20210819174116j:plain

シートピッチは97cmでフットレストが備わります。ただ90年代製造の車両で大きな改造の履歴もないことからコンセントは備わっていません。

 

f:id:nishiuraexp:20210819174225j:plainテーブルは座席背面ではなく肘置きに内蔵されており、引き出すと一般的なサイズの弁当とペットボトルをのせても余る程度の大きさがあります。

 

f:id:nishiuraexp:20210819174309j:plain16:35。信号が変わり定刻に甲府駅を発車。

373系は一般的には前面展望車両とは認識されていませんが、運転席の後ろのデッキに立つとある程度前面展望を楽しむことができます。

 

f:id:nishiuraexp:20210819174331j:plain甲府を発車した特急ふじかわ号が進む身延線は大半が単線ですが、甲府駅からしばらくは中央本線の複線との並行区間となります。

なお身延線はJR東海の路線、並行する中央本線はJR東日本の路線です。

写真は身延線最初の通過駅で金手と書いて「かねんて」と読みますが、並行する中央本線にはホームはなく身延線単独の駅となっています。

 

f:id:nishiuraexp:20210819174352j:plain金手からもしばらく中央本線と並行したのち身延線は右手に別れ、南に進路をかえ静岡県方面へ向かいます。

 

f:id:nishiuraexp:20210819174416j:plain中央本線との分岐点に近い善光寺駅を通過したのち、16:40。最初の停車駅南甲府に停車。

 

f:id:nishiuraexp:20210819174439j:plain
国母駅〜常永駅間で中央自動車道をアンダークロス。

 

f:id:nishiuraexp:20210819174501j:plain16:48東花輪駅に停車。

旅客施設としては島式ホーム1面ですが、ローカル線の途中駅としては広い構内を有する駅であることがわかります

 

f:id:nishiuraexp:20210828211925j:plain東花輪を出ると笛吹川の鉄橋を渡ります。

笛吹川は甲府市街を流れる釜無川と合流し富士川となって静岡県から太平洋に注ぎます。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212005j:plain16:56市川大門駅に停車。

1995年築の中国風駅舎は公民館を併設しています。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212040j:plain乗車日の甲府周辺は夕立に見舞われましたが、身延線を南下するにつれて天候は回復。

雨上がりの瑞々しい車窓を楽しむことができました。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212124j:plain市川大門駅を出て間もなくアンダークロスする新しい高速道路は中部横断自動車道で、

本記事投稿日の2021年8月29日に身延線に並行する区間のうち未開通で残っていた南部IC〜下部温泉早川IC間が開通。

新東名高速道路新清水JCT〜中央自動車道双葉JCTの区間が全線開通しました。

特急ふじかわ号が結ぶ静岡市と甲府市の間は、高速道路がなかった時代には国道52号経由で2時間45分かかっていたものが、今回の全線開通で1時間40分まで短縮されるようです。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212204j:plain17:00鰍沢口駅着。

甲府から21.6km。鰍沢口駅は甲府盆地の南端に位置しています。

甲府からの普通列車はここで折り返すものが多く、ダイヤ上も甲府都市圏の末端駅となっています。

特急ふじかわ号の自由席を身延線内で利用する場合、30kmまで330円の特急料金で利用でき、甲府〜鰍沢口間もその対象となるはずですが、甲府都市圏内での利用は多くないように見えます。

甲府〜鰍沢口駅間は特急では25分程度ですが、朝ラッシュ時の甲府方面の普通列車では45分から50分かかります。

現在のダイヤでは甲府方面へ向かう特急ふじかわ号の初発1号の甲府着は10:31で甲府への通勤に特急ふじかわ号を利用することはできません。

一方、甲府から静岡へ向かう最終の特急ふじかわ14号が18:36に甲府を発車したのち、静岡からは11号が20:01に、13号が22:06に甲府に到着します。

この2本の編成は甲府滞泊となり、翌日の甲府発6:20の2号と8:45発の4号となって静岡に帰る運用になっていると思いますが、11号が20:01に甲府に到着したのち、普通電車として身延まで折り返し、

翌朝、身延を7:20頃に出て、鰍沢口7:45頃、甲府着8:10頃となる通勤特急として運転すれば、一定の需要が見込めると思うのは筆者だけでしょうか。

新幹線を持たないJR四国などでは、実際にこのようなキメ細かい車両運用で増収が図られ、利用者からも一定の評価を得ているように見えます。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212251j:plain鰍沢口からは次第に山間の風景となり、

17:19下部温泉駅に到着。

しばらく停車して甲府行の特急ふじかわ9号と行き違います。

下部温泉駅からの乗車は行き違った9号のほうが多かったようです。

特急ふじかわ号の自由席特急料金が安く設定されているのは、このあたりから特急ふじかわ号に乗車し甲府で中央本線の特急に乗り継いで首都圏とを行き来する乗客に対する乗り継ぎ割引的な意図もあるのかも知れません。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212419j:plain下部温泉駅から約10分。17:29身延着。

路線名にもなっている身延線の主要駅で、日蓮宗の総本山久遠寺の最寄り駅でもあります。

改札上には「ようこそ信仰の町 心のふる里」の文字もみえますが、

駅の利用者数はコロナ前の数値で303人と控えめで、特急ふじかわ12号への乗車も他の駅に比べ目立って多いわけではありません。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212504j:plain

f:id:nishiuraexp:20210828212547j:plain

身延からは富士川に沿って南下します。車窓は美しいこの区間ですが、線形は厳しく列車の速度は上がりません。

高速道路と競合どころか並行する一般道を走る自動車に抜かれることも珍しくないようです。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212620j:plain17:43内船駅着。

f:id:nishiuraexp:20210828212705j:plain富士川の流れから一旦離れると、沼久保駅から西富士宮駅にかけて富士宮市街地を見下ろす長い下り勾配を進みます。

天気が良ければ市街地越しに富士山を裾野まで見渡すことができるJR屈指の絶景区間でもあります。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212752j:plain内船を発車して30分。

18:13富士宮市街に入りその玄関である富士宮駅に停車。

以前はこの駅を目的地とする宗教系臨時列車が多数運転されていましたが、現在ではほとんど運転されることはありません。

バス輸送などに取って代わられたのではなく宗教上の理由によるものです。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212844j:plain全線88.4kmの身延線ですが、富士宮と東海道線接続の富士の間10.7kmのみ複線化されています。

背景には先述の宗教系臨時列車のスムーズな運転という理由があったとも言われていますが、

その運転がほぼ無くなった現在でも、複線設備が活きるだけの本数の普通列車が運転されているのは幸いです。

 

f:id:nishiuraexp:20210828212926j:plain富士宮から約10分東海道線に合流し富士駅に進入。

特急ふじかわ号はここで進行方向をかえて東海道線に入り終点静岡へ向かいます。

 

f:id:nishiuraexp:20210828213008j:plain富士では4分の停車時間があり車内ではセルフサービスで座席の転換作業が行われます。

静岡まで30分もかかりませんが大半の乗客が座席を回転させていました。

 

f:id:nishiuraexp:20210828213043j:plain富士を発車して間もなく、身延線では一度も渡ることなく並行していた富士川にかかる鉄橋を渡ります。

 

f:id:nishiuraexp:20210828213123j:plain国道1号、東名高速道路と並んで静岡へラストスパート。

道路越しには駿河湾が広がり背後には富士山がそびえています。

 

f:id:nishiuraexp:20210828213158j:plain18:46最後の停車駅、清水に停車。

 

f:id:nishiuraexp:20210828213252j:plain清水からの最終区間になって甲府発車以来初めて時速100kmを突破。

身延線の線形の悪さが災いし、乗車中の特急ふじかわ12号は甲府〜静岡の全区間122.4kmの走行に2時間20分を要し平均時速は52.5km。

平均時速70km台でも全線開通した高速道路を走る場合と同タイムで静岡〜甲府間を走破できる計算てすが、

残念ながら現状では遠く及ばず全国屈指の鈍足特急となっています。

 

f:id:nishiuraexp:20210828213322j:plain東海道線の清水〜静岡間はターミナルは離れているものの静岡鉄道と並行しています。

静岡鉄道の路線は短距離ながら全線複線で運転間隔も10分未満。

西日本で言えば広島におけるJR山陽本線と広島電鉄宮島線の並行区間に近い印象です。

 

f:id:nishiuraexp:20210828213355j:plain富士駅で進行方向を変えたのち東海道線を下ること約25分。高架線に上がり終点の静岡駅に進入。

 

f:id:nishiuraexp:20210829193821j:plain18:55終点静岡駅に到着。

下車客のうち一定数は駅出口ではなく東海道新幹線乗り換え改札口へ向かったようです。

時刻表を確認すると静岡停車のひかり655号新大阪行と接続が図られており、乗り継ぐと京都に20:15、新大阪には20:30に到着することができます。

 

f:id:nishiuraexp:20210828213531j:plain 筆者はその1本あとの「こだま747号」に乗り継ぎ隣の掛川駅で下車。

 

f:id:nishiuraexp:20210828213616j:plain

f:id:nishiuraexp:20210828213641j:plain 掛川駅前のホテルで一泊し、翌朝フジドリームエアラインズ利用者専用の無料バスで静岡空港へ向かいました。

続きは近日中に投稿します。

 

 

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.com  

www.nishiuraexp.com

  

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.com

 









































【JR最高路線】小海線乗車記(小諸12:04→小淵沢14:23)

f:id:nishiuraexp:20210818205347j:plain長野県小諸市。小諸駅。

今回はここからJR東日本小海線に乗車します。

 f:id:nishiuraexp:20210822142809j:plain小海線は小諸から北陸新幹線接続の佐久平駅・小海駅などを経由して山梨県に入り、中央本線の小淵沢に至る78.9kmの路線です。

 

f:id:nishiuraexp:20210818205428j:plain小諸駅は1997年の北陸新幹線開業まで、信越本線の主要駅の一つに数えられ、上野と長野を結んでいた特急あさま号も停車していました。

駅舎内は国鉄時代の名残りも感じられます。

 

f:id:nishiuraexp:20210818205514j:plain乗車する列車は小諸発12:04の小淵沢行普通列車。

小海線の定期列車は全て普通列車で、小諸周辺では1時間に1本程度の運転ですが、途中の中込や小海までの便が多く、終点小淵沢まで運転する定期列車は1日7本しかありません。

 

f:id:nishiuraexp:20210818205557j:plain5番線で発車時刻を待つ小海線列車。

発車時刻まで30分でありましたが、すでに乗車可能でした。

 

f:id:nishiuraexp:20210818205716j:plain 車両は平成19年に世界で初めて定期列車に導入されたハイブリッド気動車キハE200系の2両編成です。

発車時には蓄電池の充電電力を使用するため、気動車特有のディーゼルエンジンの唸りを聞くことはありません。

小海線での運転を開始して14年になりますが、この車両で運転される列車は今でも時刻表に「ハイブリッド車両で運転」の注釈が添えられています。

 

f:id:nishiuraexp:20210818205842j:plain小諸を発車した列車は、しばらく複線電化のしなの鉄道線の軌道と並行して進みます。

並行区間では、小海線には東小諸、乙女の2駅が設けられていますが、しなの鉄道線には駅はありません。

なお小海線は終点小淵沢まで全線が単線非電化です。

 

f:id:nishiuraexp:20210818205917j:plain乙女駅ホームの電柱に設置された路線図。

右側に各駅の標高が記されています。

小海線は全線が標高600m以上に位置しています。

小諸方から見ると中込までは標高700m近くで小刻みなアップダウンを繰り返しますが、中込からは山梨県境に向けて登り勾配が続き、海尻から終点小淵沢の一つ手前甲斐小泉までの8駅は標高1000mを越えています。

そのうち佐久広瀬から甲斐大泉の表記の横には1位〜5位の文字があります。

これは小海線内での標高ランキングではなく全JRでの順位です。

参考までにJR西日本で最も標高が高い駅は木次線の三井野原駅でその標高は727m。

小海線がいかに高い所を走っているかがわかります。

 

f:id:nishiuraexp:20210818205952j:plain三岡で行き違った小諸行の普通列車はキハ110系での運転。

キハ110系はJR発足から間もない1990年に登場した高出力気動車で、勾配が続く小海線では早い段階で国鉄型気動車からの置き換えが進みました。

現在でも小海線の列車の大半はこの車両で運転されています。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210049j:plain12:19。高架の佐久平駅に到着。

小海線の高架下には北陸新幹線の佐久平駅があります。

佐久平駅は新幹線乗り換え駅として1997年の北陸新幹線長野開通と同時に開業しました。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210126j:plain北陸新幹線長野開業から間もなく24年。

佐久平駅周辺には新しい街が形成されていますが、その街周辺で移動の主役となっているのは、新幹線でも小海線でもなくクルマであることがよくわかる光景です。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210244j:plain12:30着の中込では臨時列車HIGH RAIL1号と行き違い。

HIGH RAIL号は土曜休日などに運転される臨時快速列車で全車指定席。

普通列車より10分から20分短い2時間少々で小海線を走破します。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210321j:plain古い木造住宅が残る羽黒下駅。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210435j:plain列車は千曲川に沿って進み小海の市街地に入ります。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210500j:plain 13:05。小諸から約1時間で標高865mの小海に到着。

小諸から30.6km、20駅目にあたります。

ここまでの平均駅間距離は1.5km。対して小海から終点小淵沢まで48.3kmに途中駅は9駅しかなく平均駅間距離は4.8kmと3倍の開きがあります。

これは沿線人口の差に加え、小諸〜小海間が私鉄てして開業し後に国有化されたのに対し、小海〜小淵沢間は最初から国鉄路線として建設されたという歴史の違いも関係ありそうです。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210610j:plain13:32。佐久広瀬駅。

小海から山間の勾配を登り続け、この付近で標高は1000mを越えます。

小海線の小さな駅では写真のような三角屋根の待合室がよく見られます。冬季の降雪も少なくないのでしょう。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210644j:plain13:52。JRで最も標高の高い駅として有名な野辺山に到着。小諸方から来ると長野県内最後の駅でもあります。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210718j:plain野辺山駅のホームには「JR線最高駅野辺山。標高1345.67m」の標柱が立っています。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210755j:plain野辺山の手前まで山間の登り勾配が続いていましたが、野辺山からしばらくは八ヶ岳を望む高原を快走します。小海線には八ヶ岳高原線の愛称もあります。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210854j:plain野辺山駅を発車して約3分。

列車は「JR鉄道最高地点標高1375m」と記されたポールの前を通過。

列車はこの付近で長野県から山梨県に入り、終点の小淵沢に向け下り勾配に転じます。

 

f:id:nishiuraexp:20210818210944j:plain14:00。山梨県内最初の駅清里に到着。

清里はバブル期に行楽地として注目を集め多くの人で賑わったことを覚えている方も多いと思います。

JRも東京方面から小淵沢まで中央本線を走ってきた電車の前に、ディーゼル機関車を連結し、非電化の小海線へ電車を直通させる荒技で清里への需要に応えたこともあります。

ある指標で見れば、あの時代から30年余りが経過した今でも当時を超えられないのは事実であり「当時は華やかで良かった」と言うことは簡単かも知れませんが、

スマホ以前にインターネットがなかったという話は差し置いても、

公共の場所での受動喫煙は当たり前、これまでに国内でコロナウイルスが原因で亡くなられた方の数に近い数の命が毎年交通事故で失われ、

鉄道の旅でもエレベーターやエスカレーターがあるのは大都市圏の一部の駅のみ、少し田舎へ行けばトイレは汲み取り式も珍しくなかった時代。

当時を知っている世代も含め今の多くの日本人には耐えられないのではないでしようか。

  

f:id:nishiuraexp:20210818211017j:plain清里から標高1000mの森林の中を下ること20分。

松本方面からの中央本線と合流すると間もなく終点の小淵沢駅に到着します。

 

f:id:nishiuraexp:20210818211048j:plain

14:23。終点小淵沢駅に到着。

この日の小淵沢駅は標高886mの高地とは思えない猛暑の中にありました。

小淵沢駅からは中央本線の普通列車で甲府に移動し、

JR東海の特急ふじかわ号に乗り継いで静岡方面へ向かいました。

続きはこちらです。
www.nishiuraexp.com

 

 

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.com

 

www.nishiuraexp.co

www.nishiuraexp.com