西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

peach釧路線と青春18切符で道東格安旅行 2 快速きたみ号と普通列車乗り継ぎで札幌近郊の岩見沢へ

 

f:id:nishiuraexp:20190110134440j:plain

 網走駅前のホテル「サン・アバシリ」をチェックアウトして、網走駅から2日目スタート。

 

f:id:nishiuraexp:20190110134618j:plain

 網走7時54分発の北見行はキハ54系の単行での運転です。途中の西女満別は女満別空港徒歩圏にありますが、西の山口宇部空港に対する宇部線草江駅の場合と同様、JRは空港連絡を前面に出すつもりはないようで、知る人ぞ知る空港連絡駅という感じになっています。

 

f:id:nishiuraexp:20190110134743j:plain

 8時40分、終点の北見に到着。

f:id:nishiuraexp:20190110134907j:plain

 北見市は人口約11万人。旭川・網走間の石北本線の沿線では最大の都市です。駅前はそれにふさわしい都会的な雰囲気でしたが、観光客が短時間で立ち寄るような施設は見当たらず、周辺を歩いたのち駅で次の列車を待ちます。

 

f:id:nishiuraexp:20190110135033j:plain

 次の列車は快速「きたみ」です。北見と旭川を特急なみの停車駅・所要時間でむすぶ列車で、青春18の旅では乗り得列車のひとつに数えられる列車です。

 

f:id:nishiuraexp:20190110135221j:plain

 車両はキハ54系の2両編成。北見から旭川まで185kmを3時間22分で走破します。特急列車は概ね2時間50分台です。車内はリクライニングシートがならび3時間の乗車でも快適ですが、まだ青春18の期間中というのに空いていました。

 

f:id:nishiuraexp:20190110135709j:plain

 13時50分旭川に到着。貴重になったサボが現役で「きたみ」専用のものが使われていました。悪質なマニアに「お持ち帰り」されないような対策はできているのでしょうか。

 

f:id:nishiuraexp:20190110135847j:plain

 14時の特急ライラックに乗り継ぐと15時25分には札幌に到着できます。

 

f:id:nishiuraexp:20190110140020j:plain

 旭川駅の構内に、観光案内所・土産物売り場・フードコート・待合室などの機能を備えた一画があります。居心地はよく1~2時間程度ならここで過ごせそうです。

 

f:id:nishiuraexp:20190110140345j:plain

 市街地とは反対側へ出てみました。訪問日は9月1日でしたが、すでに紅葉がはじまっているように見えます。

 

f:id:nishiuraexp:20190110140524j:plain

 すぐ近くを線路に平行する形で川が流れており開発が難しかったのでしょうか。一帯は自然を生かした公園として整備されていました。大都市の駅の隣接とは思えない居心地のよい空間であることが、自分で撮った写真からも伝わってきます。


f:id:nishiuraexp:20190110142021j:image

 公園から高架の旭川駅舎を眺める。


f:id:nishiuraexp:20190110142057j:image

 駅にもどり、16時12分発の普通列車岩見沢行きに乗り継ぎます。赤い国鉄型電車711系は引退してしまいましたが、後継がこの車両なら悪くはないでしょう。


f:id:nishiuraexp:20190110142124j:image

 札幌と新千歳を結ぶ快速列車の運用に入る車両はロングシート化が進んでいますが、こちらはデッキ付きの転換クロスシートのままで、この列車もまた特急なみの快適な列車です。旭川から札幌方面の普通列車は運転本数こそ少ないですが、乗ってしまえば独間を2時間30分程度で移動でき、「きたみ」とならぶ乗りドク区間だと思います。

f:id:nishiuraexp:20190110142214j:image
 17時54分終点の岩見沢に到着。札幌から約40kmで通勤圏の末端といった位置づけのようです。


f:id:nishiuraexp:20190110142239j:image

 10年ほど前に火災で駅舎が焼失したのち、建て替えられた新しい駅舎です。

 

f:id:nishiuraexp:20190110142802j:plain

 駅から徒歩5分で、今日の宿、ホテル岩見沢4条に到着。

 

f:id:nishiuraexp:20190110163131j:plain

 客室内にベッドはなくマットレスだけとい個性派ですが、他は一般的なビジネスホテルと同じレベルのサービスで、変わった宿に泊まるという気負いは無用かと思います。

 

f:id:nishiuraexp:20190110143133j:plain

 客室から眺める岩見沢市街。札幌市内一般的なビジネスホテルが軒並み1万円程度で5000円で泊まることができるのはカプセルホテルくらいという日でも、郊外の街まで検索すると、便利な場所に安く泊まることができます。

*この記事は2018年夏の旅行後にフォートラベルに旅行記として投稿していたものをリライトしたものです。

 

つづきはこちらです。 

 

www.nishiuraexp.com