西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

リニア新幹線開通による各県庁所在地への時間短縮効果を検証2(四国・九州地方編)

f:id:nishiuraexp:20201114183133j:plain

f:id:nishiuraexp:20200829231119j:plain

7年後の2027年に東京~名古屋間でリニア新幹線が開通すると、現在東海道新幹線の「のぞみ」でおよそ1時間40分を要している同区間の所要時間が40分程度になることが見込まれています。

今回は、リニア新幹線開通後に、その終点名古屋で東海道・山陽新幹線や在来線の列車に乗り継いだ場合、「のぞみ」を利用する現状と比較して、名古屋以西の各県庁所在地への所要時間がどの程度短縮されるか検証してみました。

検証についての注意点は下記のとおりです。

★現状・リニア開通後とも、最速所要時間ではなく東京駅を8:00に出発した場合の乗り継ぎ・到着時刻を検証する。

★現状の所要時間については2020年6月号の時刻表掲載のダイヤでの検証とする。

★リニア開通後の所要時間については、東京8:00発⇒名古屋8:40着のリニア新幹線が運転されるものとし、名古屋から先の乗り継ぎは2020年6月時刻表掲載のダイヤでの検証とする。

 ●原則としてJRを利用するが、徳島県「徳島駅」の新神戸~徳島、宮崎県「宮崎駅」の新八代~宮崎は高速バスを利用する。

●三重県「津駅」、和歌山県「和歌山駅」については私鉄や地下鉄を利用するほうが、所要時間が短くなる可能性があるが、JR(伊勢鉄道)ルートでの検証とする。

●長崎県「長崎駅」のリニア開通後については、リニアより先に開通が予定されている長崎新幹線(武雄温泉~長崎間)の利用を想定する。

●平日ダイヤでの検証とする。 

●陸路が通じない沖縄県は除外する。

●検証の結果、短縮効果なしの結果になる場合もありますが、東京8:00発という前提条件によって生じる接続の良し悪しによるものであり、その地域にリニア新幹線による短縮効果が及ばないという意味ではありません。

検証結果は下記のとおりになりました。今回は四国地方と九州地方です。

中部地方・近畿地方・中国地方はこちらをご覧ください。

www.nishiuraexp.com

 

四国地方

香川県 高松駅

現状 12:36到着 リニア開通後11:49到着 △47分

現状  東京8:09(のぞみ15号)11:22岡山11:42(快速)高松12:36

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)10:22岡山10:53    (快速)高松11:49

愛媛県 松山駅

現状 14:13到着 リニア開通後13:15到着 △58分

現状  東京8:09(のぞみ15号)11:22岡山11:35(特急しおかぜ9号)松山14:13

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)10:22岡山10:35(特急しおかぜ7号)松山13:15

高知県 高知駅

現状 14:42到着 リニア開通後13:41到着 △1時間1分

現状  東京8:09(のぞみ15号)11:22岡山12:05(特急南風9号)高知14:42

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)10:22岡山11:05(特急南風7号)高知13:41

徳島県 徳島駅

現状 13:33到着 リニア開通後12:33到着 △1時間

現状  東京8:09(のぞみ15号)10:51新神戸11:25(高速バス)徳島駅13:33

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)9:51新神戸10:25(高速バス)徳島駅12:33 

 

九州地方

福岡県 博多駅

現状 13:06到着 リニア開通後12:06到着 △1時間

現状  東京8:09(のぞみ15号)博多13:06

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)博多12:06

熊本県 熊本駅

現状 13:51到着 リニア開通後13:23到着 △28分

現状  東京8:09(のぞみ15号)13:06博多13:13(さくら411号)熊本13:51

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)12:06博多12:44(さくら551号)熊本13:23

鹿児島県 鹿児島中央駅

現状 14:49到着 リニア開通後14:10到着 △39分

現状  東京8:09(のぞみ15号)13:06博多13:13(さくら411号)鹿児島中央14:49

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)12:06博多12:44(さくら551号)鹿児島中央14:10

大分県 大分駅

現状 14:37到着 リニア開通後13:36到着 △1時間1分

現状  東京8:09(のぞみ15号)12:50小倉13:09(特急ソニック23号)大分14:37

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)11:50小倉12:09(特急ソニック19号)大分13:36

宮崎県 宮崎駅

現状 16:20到着 リニア開通後16:20到着 △0分

現状  東京8:09(のぞみ15号)13:06博多13:13(さくら411号)14:04新八代14:11(高速バス)宮崎駅16:20

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)12:06博多13:13(さくら411号)14:04新八代14:11(高速バス)宮崎16:20

佐賀県 佐賀駅

現状 14:15到着 リニア開通後13:16到着 △59分

現状  東京8:09(のぞみ15号)13:06博多13:31(特急みどり13号)佐賀14:15

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)12:06博多12:31(特急みどり11号)佐賀13:16

長崎県 長崎駅

現状 15:44到着 リニア開通後14:10頃到着 △1時間34分

現状  東京8:09(のぞみ15号)13:06博多13:55(特急かもめ23号)長崎15:44

リニア 東京8:00(リニア)8:40名古屋8:47(のぞみ9号)12:06博多12:31(特急みどり11号)13:43武雄温泉13:50(長崎新幹線かもめ号)長崎14:10

 

最後に前記事の中部・近畿・中国地方編とあわせ一覧にしてみました。

 

東京駅を8時に出発した場合の名古屋以西県庁所在地への鉄道到達時間

(現状での所要時間が短い順)

             現状 リニア開通

1 愛知県・名古屋駅       09:39       08:40

2 岐阜県・岐阜駅    10:11  09:11

3 京都府・京都駅    10:15  09:21

4 滋賀県・大津駅    10:32  09:39 

5 大阪府・大阪駅    10:45  09:50

6 三重県・津駅     10:59  10:24

7 兵庫県・神戸駅    11:10  10:25

8 奈良県・奈良駅    11:18  10:18

9 岡山県・岡山駅    11:22  10:22

10 広島県・広島駅    12:03  11:03

11 和歌山県・和歌山駅  12:26  11:29

12 香川県・高松駅    12:36  11:49

13 福岡県・博多駅    13:06  12:06

14 山口県・山口駅    13:14  12:46

15 徳島県・徳島駅    13:33  12:33

16 鳥取県・鳥取駅    13:51  12:53

16 熊本県・熊本駅    13:51  13:23

18 愛媛県・松山駅    14:13  13:15

19 佐賀県・佐賀駅    14:15  13:16

20 大分県・大分駅    14:37  13:36

21 高知県・高知駅    14:42  13:41

22 島根県・松江駅    14:45  13:40

23 鹿児島県・鹿児島中央駅14:49  14:10

24 長崎県・長崎駅    15:44  14:10

25 宮崎県・宮崎駅    16:20  16:20

 

時刻の太字表記は航空との競合の際に目安とされる4時間以内に到着できることを示しています。

なお今回はあくまで東京駅を一律8時出発という条件での比較ですが、実際には目的地までの接続を考慮した便で東京駅を出発するケースが多いはずです。

その観点では、福岡・山口・徳島・鳥取などはリニア開通により鉄道(バス)での最短所要時間が4時間程度となり航空との競合圏内に入るものと予想されます。

次回は「東京駅8時出発=羽田発9時以降の便に搭乗可能」と仮定し、鉄道現状・鉄道リニア開通後・航空利用の3者比較をしてみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。