西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

元は取れた?青春18切符の決算から見えるもの。

 2019年春の青春18切符を2月末に購入し、それを使った旅行の様子を記事にしてきましたが、3月30日の「岡山広島日帰り旅行」で5日分すべて使い切りました。

 青春18きっぷの価格は11850円ですが、実際に使用した区間で、仮に普通乗車券を購入していたらどのくらいの金額になっていたか計算してみました。(下記参照)

 

《青春18》北陸鉄道旅行1~4

3月2日(土)

神 戸 ⇒ 長 浜  2590円

長 浜 ⇒ 敦 賀   670円

福 井 ⇒ 小 松   840円

      小計①  4100円

3月3日(日)

品 川 ⇒ 東 京   170円

東 京 ⇒ 神 戸  9290円

      小計②  9460円

 

 

 岡山鳥取鉄道旅行1~4

3月9日(土)

高 松 ⇒ 米 子  5270円

岡 山 ⇒ 高 松  1510円

      小計③  6780円 

 

 

 おおさか東線初乗りとAシート体験1~3 

3月21日(木)

新大阪 ⇒ JR淡路   160円

JR淡路 ⇒ JR野江   160円

JR野江 ⇒ 奈 良   760円

奈 良 ⇒ 野 洲  1320円 

野 洲 ⇒関西空港  2490円

      小計④  4890円

 

 

 《青春18》岡山広島日帰り旅行1~4

3月30日(土)

岡 山 ⇒ 清 音   410円

神 辺 ⇒ 広 島  2270円

三 原 ⇒ 岡 山  1490円 

      小計⑤  4170円 

 

 3月 2日 小計① 4100円

 3月 3日 小計② 9460円

 3月 9日 小計③ 6780円

 3月21日 小計④ 4890円

 3月30日 小計⑤ 4170円

      総 計 29400円

 

 結果は5日で29400円となり、普通乗車券の価格の半分以下で値段で旅行できていたことがわかりました。

 なお4回(5日)の旅行中に青春18切符以外の出費がどのくらいあったかについても、概算ですが計算してみました。(交通費・宿泊費のみ)

 

3月2日 特急しらさぎ(敦賀⇒武生)   1420円 

3月2日 小松駅前ホテル         5000円 

3月3日 JAL184便(小松⇒羽田)   7690円

3月9日 高速バスももたろうエクスプレス 2900円

3月30日 井原鉄道(2回)       1240円

     山陽新幹線(広島⇒三原)    2290円

 

 上記のほか、指定券など数百円単位のものまで含めると、23000円程度になると思われます。

 結果としては、青春18切符を使用することによって安くなったJRの運賃に相当する額か、それを若干上回る程度の交通費・宿泊費を、青春18切符での旅行中に使ったという事実が見えてきました。

 去年の12月にJALの「どこかにマイル」を利用して鹿児島を訪問した時も同じことを感じましたが、旅行の出費で一番高くなることが多い交通費の部分が「大幅に安くなる」ということが、旅行に出かける動機になった場合でも、実際には旅行先や道中で結構な金額を使っているものです。

 「どこかにマイル」でも「青春18切符」でも、旅行の目的地となる土地のホテル・観光施設・地方交通事業者などが、このような事実に注目して、例えば「どこかにマイル」での訪問者は10パーセント割引とか、青春18切符の有効日にチェックインした方は朝食無料など、JRやJALが「連れてきた」旅行者を取り込む施策を充実させることで、広い視野でみれば、企画者としてのJRやJAL、観光関連の事業者、旅行者のいずれにもよい結果が得られるのではないでしょうか。

 

www.nishiuraexp.com