西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

【早いもの勝ち】ANAプレミアムクラスが1万円で利用できる「お試し価格」発売中です。

 ANAプレミアムクラスについて

 ANAのプレミアムクラスは、ANAの国内線の上級クラスシートで、ゆったりとした座席や、フライト時刻により「食事」または「軽食」のサービスが受けられるだけではなく、搭乗前にはANAラウンジも利用できるなど、多彩なサービスが用意されています。

f:id:nishiuraexp:20190223113935j:plain

 羽田空港ANAラウンジにて

 

 JALの国内線ファーストクラスと異なり、多くの地方路線にも設定されていて、その点では気軽に利用できるのですが、価格についてはJAL国内線ファーストクラスと競合する路線で比較すると、予約する便やタイミングによっては、ANAプレミアムクラスのほうが高いこともあって、利用をためらう方も少なくなかったのではないでしょうか。

 今回そんなANAプレミアムクラスを「お試し価格」で利用できるセールが始まったことを知ったので、その内容についてご紹介します。

 対象となる搭乗期間は2019年の4月6日(土)~8日(月)、4月13日(土)~15日(月)、4月20日(土)~22(月)

 販売期間は2月21日(木)~3月25日(月)となっています。

 設定される路線と価格は下記のとおりです。

 ANA  VALUE Premium3

 羽田~関西      18,000円~

 羽田~神戸      18,000円~

 ANA SUPER VALUE  Premium28

 羽田~オホーツク紋別 15,000円~

 羽田~根室中標津   15,000円~

 羽田~釧路      15,000円~

 羽田~秋田      10,000円~

 羽田~富山      10,000円~

 羽田~小松      10,000円~

 羽田~鳥取      15,000円~

 羽田~米子      15,000円~

 伊丹~仙台      15,000円~

 伊丹~長崎      15,000円~

 伊丹~鹿児島     15,000円~

 神戸~新千歳     18,000円~

 中部~女満別     18,000円~

 中部~旭川      18,000円~

 中部~熊本      15,000円~

 中部~長崎      15,000円~

 中部~宮崎      15,000円~   

 

 価格設定は「最安エコノミー+直前アップグレード」の価格に近い路線が多い?

 これまでもプレミアムクラスを安く利用する方法として、エコノミー席を早期予約で安く購入しておいて、当日カウンターでプレミアムクラスの空席があれば、所定のアップグレード料金を支払ってアップグレードするという方法がありました。

 またANAマイレージクラブ会員であれば、48時間前からWEBでのアップグレードも可能で、カウンターでのアップグレードより、さらに1000円お得なのですが、それでも例えば神戸~羽田の場合アップグレード料金は10000円です。

 同路線のエコノミーは7000円台で購入できることも多いので、合計額では17000円台となり、新幹線のグリーン車やJALの国内線ファーストより安いのですが、追加料金のほうが「高い」という印象が先に立ってしまい、上手な売り方とはいえないのではないか。と個人的には感じていました。

 その神戸~羽田線が、今回のお試し価格で18000円に設定されていますので、15000円以上の路線については、エコノミーの最安+WEBアップグレード料金という、従来の最安値での購入方法と同程度での販売になっているのではないでしょうか。

 お試し価格でANAプレミアムクラスを体験した方に、実はセールが終わってもそれほど変わらない値段で利用する方法があるんですよ。と誘導しリピーターになってもらう戦略なのかもしれません。

f:id:nishiuraexp:20190223114048j:plain

 羽田~富山線(2018年7月)のプレミアムクラス機内食

 

 東京~小松・富山・秋田(10000円)の昼食・夕食時間帯の便が一番「おいしい」。

 ただ今回10000円で設定されている3路線、羽田~小松・富山・秋田については、文句なしにお得です。おそらくJALの「クラスJ」と変わらない値段で、上記のラウンジサービスや機内食を体験できそうです。

 機内食についていえば、朝食(10:29までに出発する便)、昼食(10:30~13:29出発便)、軽食(13:30~16:59出発便)、夕食(17:00以降出発便)に分かれています。

 ANAのHPにそれぞれのメニューの写真が掲載されていますが、昼食と夕食は「食事」らしいメニューが提供されるのに対し、朝食・軽食はサンドイッチなどですので、同じ値段で「お試し」するのであれば、昼食・夕食時間帯のフライトが狙い目だと思います。

 

 人気路線・時間帯は早いもの勝ち   

 筆者がこのセールを発見したのは、2月22日の夜ですが、すでに「空席待ち」になっている便も少なくありませんでした。販売期間は3月25日までと長めに設定されていますが、上記のような「おいしい」路線の土・日の便などは早々に売り切れそうです。

 なお筆者は米子空港初利用と抱き合わせで、米子11:35発・羽田13:00着の便(昼食便)にとりあえず予約を入れました。支払期限は24日ですので、米子までと羽田からのアクセスを検討し、スムーズにいきそうなら購入しようかと考えています。

 

 今回15000円で販売されている、中部~長崎路線のプレミアムクラスを、2019年の元旦に利用した際の記事を添付しておきますので、こちらもご覧ください。

 

www.nishiuraexp.com