西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

【ジャンボフェリー】神戸1:00発⇒高松5:15着 1990円 青春18旅行に活用したい深夜便。

 神戸~高松4時間台で1990円 ジャンボフェリーの概要

 ジャンボフェリーは、JR三ノ宮駅から徒歩15分の神戸三宮フェリーターミナルと香川県の高松東港の間を4時間15分~4時間45分で結ぶフェリーです。高松東港からはフェリーの到着にあわせ、JR高松駅行の無料連絡バスが運転されます。1日片道4便の運航で、神戸発は8:00、11:20、19:20、1:00(土休日ダイヤ)となっています。運賃は片道1990円、往復3390円と、神戸ー高松の高速バスと比べても半額程度と格安です。

 なお神戸発1:00(高松発1:00も)の深夜便は、500円の追加料金が必要となり、片道2490円、往復3890円(往復券の場合、往復とも深夜便でも追加は500円)となります。※2019年3月末までは300円です。

 追加料金がかかる深夜便ですが、青春18などの格安旅行で四国を訪問する場合、ホテルがわりに利用できるうえ、早朝の高松発の列車に乗車できるため、時間を有効に活用できます。

 船内の設備は、3階にゴロ寝ができるカーペット敷の船室、2階にJRのグリーン車なみのシートがならぶ椅子席や、売店・自販機コーナーなどがあります。また深夜便に限り2000円の追加(深夜料金の500円とは別)で、1階(乗船口のフロア)にあるシングルという個室が利用できます。

 

 神戸発深夜便利用の流れ

 神戸発のジャンボフェリー深夜便の利用のおおまかな流れはこんな感じです。

f:id:nishiuraexp:20190222194218j:plain

 JR三ノ宮駅西口、阪急電鉄神戸三宮駅東口より大通り(フラワーロード)を南へ徒歩15分のところにある神戸三宮フェリーターミナルから乗船します。

 

f:id:nishiuraexp:20190222195520j:plain

 1階が切符売場になっています。個室とお盆・正月などの多客期は予約制ですが、それ以外は予約不要です。

 

f:id:nishiuraexp:20190222194635j:plain

 2年以上前に利用したときの写真のため運賃は違いますが、上が乗船券、下が個室券です、個室のカギも切符売場で渡されました。

 

f:id:nishiuraexp:20190222194846j:plain

 個室利用者への注意書き。上の注意書きは常識やマナーの範囲だと思いますが、高松東港まで4時間15分という短い乗船時間で、30分前に鍵とシーツを売店に返却という点は少し残念に感じました。

 

f:id:nishiuraexp:20190222194450j:plain

 切符の購入が終わると2階の待合室で乗船開始時刻まで過ごします。2014年に新築された新しいターミナルのため非常に快適です。乗船開始は出港20~30分前です。

 

f:id:nishiuraexp:20190222194532j:plain

 シングル個室内。今はなきブルートレインのB個室(シングル)より少し広いと思います。窓がなく、やや密室感がありますが、全長100mを越える大きな船体で穏やかな瀬戸内海をすすむため、気分が悪くなるような経験をしたことはありません ただし2階の椅子席や3階のカーペット席にくらべエンジン音が大きい傾向にあるようです。

 

f:id:nishiuraexp:20190222194126j:plain

 片道1990円で利用できる、椅子席はこんな感じです。リクライニング角度は深く、カーペットでのゴロ寝とかわらないレベルの睡眠を確保できます。

 

f:id:nishiuraexp:20190222195100j:plain

 5:15高松東港着。到着後にターミナル前からJR高松駅行の無料連絡バスが発車。高松駅までの所要時間は10分程度ですが、これまでに神戸での出港遅れや潮流の影響で30分ほどの遅れを何度か経験しました。高松駅発6時ごろまでの列車に乗り継ぐ場合は注意が必要だと思います。なお高松東港の最寄り駅は、琴電志度線の沖松島駅で徒歩20分程度です。

 

f:id:nishiuraexp:20190222202451j:plain

 高松東港のターミナルは神戸に比べると古い建物ですが、内部はリニューアルされています。

 

 青春18での利用を考える

 青春18切符を使用して、東京、名古屋方面から東海道線の普通・快速列車で西下し、神戸(三ノ宮)でジャンボフェリーの深夜便にのりつぐケースを想定し、2019年2月号の時刻表を確認したところ、主要駅の発車時刻は以下のとおりでした。

(平日ダイヤ「金曜想定」)

東京発 14:47 普通1881E

横浜発 15:13 

 

熱海着 16:33

熱海発 16:36 普通459M

 

静岡着 17:58

静岡発 18:10 普通835M

 

浜松着 19:23

浜松発 19:28 普通973M

 

豊橋着 20:00

豊橋発 20:03 新快速2349F

 

米原着 22:10

米原発 22:14 新快速3551m

 

三ノ宮着 0:04 (0時をすぎて最初の停車駅)

 

(ジャンボフェリー深夜便利用)

 

f:id:nishiuraexp:20190222214236j:plain

(高松から松山へ)

高松発  6:13 普通5215М

   

多度津着 6:57

多度津発 7:05 普通 103М

 

伊予西条着9:01 

伊予西条発9:30 普通4531m

 

松山着 11:35 

 

f:id:nishiuraexp:20190222214411j:plain

(高松から徳島へ)

高松発 6:40 普通311D

 

徳島着 9:17

 

 神戸発が深夜のため普通・快速のみ利用でも、思ったより遅い時刻の出発で乗船可能であることがわかりました。また体力が許すのであれば、仙台7:01発の普通列車から上記の東海道線乗り継ぎにつなぐことも可能です。

 高松からの乗り継ぎについては、徳島には朝のうちに、松山も午前中に到着が可能です。高知は途中の乗り継ぎが極めて悪く、一部のみ特急列車を利用するとか、高速バスを利用するなどの方法が現実的だと思います。

 平日の日中に旅行することが難しい方も静岡以西であれば、金曜の夜から出発することができ、「ムーンライトながら」などより身体的にも楽で、よい行程を組むことができるのではないでしょうか。