西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

リニア開業後の山陽新幹線と岡山・広島空港について

f:id:nishiuraexp:20190127230529j:plain

 3月のダイヤ改正で、東海道新幹線の一部の「のぞみ」の所要時間が東京新大阪間で3分短縮され、日中の列車としては初めて2時間30分を切る2時間27分での運転となるようです。東海道新幹線を運行するJR東海にしてみれば「たかが3分、されど3分ですよ」と言いたいところかもしれません。

 しかし個人的には「たかが3分」なのではないかと思います。「8年後に予定されているリニア新幹線開業による所要時間の短縮に比べれば」です。

 リニア新幹線は2027年に東京と名古屋の間での開業が予定され、すでに各所で工事が始まっています。最高時速は500km/h程度で、東京名古屋間の所要時間は40分程度になるといわれています。名古屋から先、大阪方面の開業は、名古屋開業から10年以上先になるともいわれ、その間に関西圏の全国的な地位の低下が懸念されるなど、必ずしも恩恵ばかりではないかも知れません。

 では関西圏より西の山陽地方の場合はどうでしょうか。ここでは交通の話が中心になりますが、冒頭の新大阪まで2時間27分運転になる「のぞみ」は博多行です。新大阪から先の駅の東京からの所要時間は、岡山3時間13分、福山3時間30分、広島3時間54分となっています。ちなみに名古屋までは1時間37分ですが、前述のように、これがリニア開業により1時間短縮され40分になります。名古屋での乗り換え時間を加味しても、名古屋以西への所要時間は50分程度短縮されることになるでしょう。東京からの所要時間を計算すると岡山まで2時間25分程度、広島は3時間5分程度になるものとおもわれます。

f:id:nishiuraexp:20190127231332j:plain

 岡山駅~岡山空港間のリムジンバス 所要時間は30分で広島より条件はよいが。

 

 山陽新幹線については、対東京での航空とのシェアの経年データをJR西日本が公表しています。それによれば2004年頃までは航空が優勢で、同年の新幹線のシェアは岡山が48.3%、広島が38.7%でした。しかし従来の「ひかり」に比べ岡山までで40分、広島までで50分短縮する「のぞみ」が大増発された2003年10月以降、その効果が徐々に現れ、新幹線がV字回復。2015年では岡山が62.3%、広島が 59.2%まで新幹線のシェアが拡大しています。現状で新幹線の所要時間が40分長いにもかかわらず、広島のシェアが岡山と大差ないのは、広島空港から広島市街地まで距離があり、バスで50分程度かかることが影響しているものとおもわれます。2004年の時点では10%の差があったので、トータルの所要時間が短縮されるなかで、このアクセス時間50分の比重が大きく見積もられるようになってしまったと見ることもできます。

 しかし8年後に予定されているのは、2003年の「のぞみ」大増発時を上回る時間短縮です。所要時間上は岡山は大阪になり、広島は岡山になります。もちろん名古屋乗り換えというマイナス要素を含んではいますが、そもそも航空は乗り換えなしには利用できませんし、東京名古屋間のリニアの所要時間は、広島空港と広島市街地を結ぶリムジンバスの所要時間より短いのです。

 このように考えると、リニア新幹線を運行するのはJR東海ですが、そこには建設費の負担や世界初の交通モードに乗り出す苦労といった陰の部分を伴うのに対し、山陽新幹線を運行するJR西日本にとっては「追い風が吹いてくる」状況のような印象を受けます。一方、航空各社や広島空港をはじめとする山陽地方の空港にとっては「向かい風」になりそうです。

f:id:nishiuraexp:20190127230758j:plain

(写真)成田~広島路線を持つLCCスプリングジャパン、航空(空港)は価格で応戦?

 

 岡山空港、広島空港とも、韓国などへの国際路線が就航するなどしていますが、羽田便がメインであることは今後もかわらないでしょう。またその先九州に目をやれば、東京まで1000kmの距離がありながら、新幹線が幅を利かせてきた状況に一石を投じた北九州空港や、世界一とも言われる立地で対東京ではシェア90%以上を誇る福岡空港も、リニアと新幹線の乗り継ぎが4時間となれば、条件は秋田や函館と同じになりシェアに変化が現れるかもしれません。

 今ネットで「山陽新幹線、リニア」と検索すると、大阪以西へのリニア延長の話が、「広島空港、リニア」と検索すると、かつての広島市街地と広島空港を結ぶリニア構想の話が出てきます。

 新幹線の3月改正ダイヤが掲載された時刻表を見ていて、少し違う着眼点があるように思ったので記事にしてみました。筆者の個人的な予想、推測、主観が多分に含まれた記事であることをご了承下さい。お読みいただきありがとうございました。