西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

【アクアライナー・とっとりライナー】山陰本線快速乗り継ぎとコスパ抜群のビジネスホテル。

 全国の長大幹線が新幹線の平行在来線として3セク化されたり、旅情のあった国鉄型の車両が、ロングシートの新型車両に置き換えられるなど、最近では青春18切符を利用した普通列車のりつぎ旅行の魅力は残念ながら減ってきているようにおもいます。

 そのような傾向の中で、JR西日本の長大路線「山陰本線」は、国鉄型車両が多数残り、新型の車両もクロスシート車が中心で、車窓も楽しめるなど、以前からの鉄道旅行の楽しみが残っている路線ではないでしょうか。

 山陰本線の中でも、青春18で利用できる快速列車「とっとりライナー」と「アクアライナー」が運転されている、鳥取・益田間はおすすめの区間です。

f:id:nishiuraexp:20181227222109j:plain

「アクアライナー」「とっとりライナー」に使用される キハ126

f:id:nishiuraexp:20181227222208j:plain

新しい車両でありながら、旅情が感じられるボックスシートが設置されている。

 

 「とっとりライナー」は主に鳥取県内の鳥取・米子間に、「アクアライナー」は島根県を中心とする米子・益田間で運転されています。ともに使用される車両はJR化後に製造されたキハ126ですが、車内は4人掛けのボックスシートが大半を占め、デッキこそありませんが、ドアは車両両端に寄せられているなど、かつての急行型気動車キハ28・58を彷彿とさせる内装になっています。またダイヤの面では、便によっては高速化工事前の特急列車に匹敵する所要時間で運転される列車もあり、JR化後の普通(快速)列車用の車両の中では、もっとも青春18旅行に適した車両であり、列車ではないかと思っています。

 短期の日程で、これらの列車に「乗る」ことに重きを置くのであれば、下の乗り継ぎなどは、列車の「走り」を満喫しつつ、全区間が日中で美しい車窓を堪能できるのではないでしょうか。

         益田発 9時22分 

        (快速アクアライナー)

         米子着12時53分

         米子発12時56分

        (快速とっとりライナー)

         鳥取着14時35分 

 

 鳥取は別の記事でも紹介させていただきましたが、砂丘以外にも鉄道旅行の合間に気軽に訪ねることができる観光地が多数あります。もちろん、途中の出雲市、松江、倉吉などで下車するのも面白いでしょう。

 

www.nishiuraexp.com

 

 

www.nishiuraexp.com

 

 車窓については、海側は日本海のほか、「アクアライナー」から宍道湖が、山側は「とっとりライナー」から大山を望むことができます。

f:id:nishiuraexp:20181227222350j:plain

 車窓 日本海

f:id:nishiuraexp:20181227222500j:plain

 車窓(前面展望) 雪の大山

 

 なお上記の乗り継ぎで鳥取に到着し、15時22分の因美線の普通智頭行から智頭・東津山(姫新線)佐用(姫新線)の順に乗り継ぐと姫路に19時52分に到着でき、京阪神の各駅へその日のうちに帰ることが可能です。また智頭急行利用が前提なら(全線の普通運賃1300円追加)、後続の鳥取発16時58分の智頭行でも同じ19時52分に姫路に到着できます。

 また日程に余裕があり山陰本線の沿線に宿泊したい方には、おすすめしたいホテルがあります。

f:id:nishiuraexp:20181227222821j:plain

 益田駅前の「益田グリーンホテルモーリス」

 

 筆者は2011年ごろから鉄道旅行などで宿泊したホテルの部屋と建物の写真、宿泊費などを記録に残してきました。その数すでに150程度になっていますが、その中で国内のビジネスホテルでは一番コスパがよいだろうと思われるホテルが、山陰地方を中心に店舗を構えるグリーンホテルモーリスです。

f:id:nishiuraexp:20181227222918j:plain

 部屋は5000~6000円程度のホテルとしてはかなり広い。

f:id:nishiuraexp:20181227223019j:plain

 500円程度で充実のバイキング朝食を追加できる。

 

 山陰では、益田、出雲市、鳥取、豊岡にあり、いずれも駅前または駅から徒歩5分程度の距離にあります。いずれも新しい建物で、部屋は広く、大浴場、無料マッサージチェア、新聞などのサービスのほか、500円程度の追加でバイキング朝食つきにできるなど、「非のうちどころがない」と言っても過言ではない感じで、素泊まりの場合、5000円台~6000円程度です。

 グリーンホテルモーリス宿泊と青春18での「アクアライナー」「とっとりライナー」の乗り継ぎ旅行は、いわばベストマッチで、筆者も2度、3度と同じような行程の旅行を繰り返してきました。

 時季による価格の変動があまり見られないのもグリーンホテルモーリスの魅力のひとつです。もし空室があれば、みなさんもお試しになられては、いかがでしょうか。