西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

どこかにマイルで鹿児島へ3 世界遺産「磯庭園」へ

f:id:nishiuraexp:20181209140844j:plain

 世界遺産に登録されている、薩摩藩島津氏の別邸「磯庭園」は鹿児島駅からバスで10分程の距離でした。バス停で降りると、錦江湾の向こうに桜島がそびえています。そびえるというような高さではないはずですが、そう表現したくなるような存在感で、磯庭園も借景としての桜島を抜きに語ることができません。

f:id:nishiuraexp:20181209140941j:plain
 入園は庭園見学だけなら1000円、御殿見学もセットだと1300円です。せっかくなので御殿も見学することにしました。

f:id:nishiuraexp:20181209170836j:plain
f:id:nishiuraexp:20181209141029j:plain
 入口付近には土産物屋や喫茶店、レストランなどがあります。その一帯をぬけたところが、御殿と桜島を望む前庭で、この庭園の見せ場です。庭園に関する知識などなくても、その良さが実感できるところが、この庭園の良さであり、世界遺産登録の理由の一つだと思います。

f:id:nishiuraexp:20181209141125j:plain
 幹線道路とJR日豊線が庭園の目の前を通っています。

f:id:nishiuraexp:20181209141210j:plain
 2018年のNHKの大河ドラマのロケもこの園内で行われたようです。

f:id:nishiuraexp:20181209141319j:plain
 ロケに使われた石階段をのぼり、順路をすすみ、最後に御殿内の見学。

f:id:nishiuraexp:20181209141502j:plain
 御殿内の見学で一番印象に残ったのが、この食卓です。畳の上のテーブルやチェアが、無言のうちに
明治維新とは何だったのかを語っているようです。

f:id:nishiuraexp:20181209141551j:plain
 御殿内の案内役の女性は和服姿。

f:id:nishiuraexp:20181209141705j:plain
 中庭をのぞいて、御殿の見学は終了。

f:id:nishiuraexp:20181209141749j:plain
 和風喫茶店で一服してから市内へむかうことにしました。
f:id:nishiuraexp:20181209141838j:plain
f:id:nishiuraexp:20181209141918j:plain
 ミニパフェとお茶のセットは700円。

f:id:nishiuraexp:20181209142005j:plain
 庭園前からかごしまシティビューという鹿児島市内の観光地を巡るバスにのると、繁華街の天文館を通って、鹿児島中央駅まで行くことができます。

f:id:nishiuraexp:20181209142056j:plain
新幹線が発着する鹿児島中央駅周辺は賑やかで活気があります。

f:id:nishiuraexp:20181209142932j:plain
f:id:nishiuraexp:20181209143013j:plain
 駅前から電車通りを歩くと甲突川に架かる橋の袂に、大久保利通像があります。西郷どんの陰に隠れている印象ですが、郷土の偉人には違いありません。

f:id:nishiuraexp:20181209143053j:plain
 鹿児島中央駅から3電停目の高見馬場駅の目の前に今夜のホテル「法華クラブ鹿児島」があります。

f:id:nishiuraexp:20181209143131j:plain
 どこかにマイルで行き先が決定したのちのホテル探しは苦戦しましたが、最終的には良いホテルを見つけることができたと思います。1泊6100円でした。
 つづき「枕崎経由で鹿児島空港へ。復路は人気のクラスJ独立席にアップグレード。」は、こちらです。
www.nishiuraexp.com