西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

どこかにマイルで鹿児島へ1 エンブラエル190「伊丹鹿児島線」搭乗記

f:id:nishiuraexp:20181208185802j:plain
www.nishiuraexp.com
www.nishiuraexp.com
 11月12日と13日の記事に、申し込みと結果発表について書いた(上に貼り付けの2記事)、どこかにマイル鹿児島旅行の出発日になりました。いつも飛行機を利用する旅行では早々に安いチケットを購入するので、航空券の手配から1月に満たない出発は新鮮な感じがします。
f:id:nishiuraexp:20181208175208j:plain
f:id:nishiuraexp:20181208175457j:plain
 朝の伊丹空港。思った程混雑していませんでした。伊丹空港10時50分発の鹿児島行に搭乗します。どこかにマイルの特典航空券でも当日に1000円を、支払ってクラスJにアップグレードできるのですが、今日は普通席も含め満席のようです。
f:id:nishiuraexp:20181208175529j:plain
 時間があるのでターミナル内を散歩。改装されて綺麗になった部分と昭和の雰囲気が残る部分が混在しています。
f:id:nishiuraexp:20181208175609j:plain
f:id:nishiuraexp:20181208175638j:plain
3階のカードラウンジ「ラウンジオーサカ」へ。ラウンジ前に行列ができ、入室時に「大変混雑しています。」と断りがありましたが内部は広く、ブース席を確保できました。
f:id:nishiuraexp:20181208180026j:plain
f:id:nishiuraexp:20181208180317j:plain
 10時頃にラウンジを出て搭乗口へ。保安検査場を抜けたところにコカ・コーラの冷蔵庫が見え気になっていたのですが、なんとサクララウンジでした。来年春には立派なラウンジができるようですが、仮設とはいえ苦情はないんでしょうか。
f:id:nishiuraexp:20181208180408j:plain
搭乗口周辺は昭和の雰囲気が残っています。
f:id:nishiuraexp:20181208180518j:plain
JALのホームページでも宣伝されていた小型ジェット機エンブラエル190での運航です。同じエンブラエルの170より一回り大きく、クラスJが15席設置されています。
f:id:nishiuraexp:20181208180827j:plain
 搭乗機はうまく写せなかったので、駐機中の同型機を撮影。
f:id:nishiuraexp:20181208181024j:plain
 機内の広さが売りですが、定員は95人のため、手荷物の大きさは通常より厳しい制限をうけます。
f:id:nishiuraexp:20181208181205j:plain
 出発2分前から搭乗開始。小型機とはいえ遅れ気味のようです。 f:id:nishiuraexp:20181208181447j:plain
f:id:nishiuraexp:20181208181650j:plain
 前5列がクラスJですが、独立席はかなりの人気のようです。後方は2列、2列の普通席です。
f:id:nishiuraexp:20181208181718j:plain
f:id:nishiuraexp:20181208182113j:plain
 シートピッチは大型機と同レベルで天井も高く、満席に近い状態でも窮屈な感じはしませんでした。
背もたれは若干低めのようで、後ろから見ると乗客の頭が目立ちます。
f:id:nishiuraexp:20181208182146j:plainf:id:nishiuraexp:20181208182228j:plain
 機内Wi-Fiにドリンクサービスなども大型機の路線とおなじでした。
 f:id:nishiuraexp:20181208182437j:plain
 これは運航するJ AIR独自のサービスでしょうか、地域の名物が描かれた経路図の配布がありました。伊丹鹿児島線は、四国山地を越え、高知、足摺岬、宮崎と飛んで、桜島を望む錦江湾上に出るあたりで右に旋回し、鹿児島空港に着陸します。f:id:nishiuraexp:20181208182956j:plain
 宮崎付近の九州東海岸。
f:id:nishiuraexp:20181208183045j:plain
 錦江湾(画面左)と翼の上(画面右端)に見える鹿児島空港の滑走路。このあたりコックピットからは桜島が綺麗にみえていることでしょう。
f:id:nishiuraexp:20181208183316j:plain
 経路図通りに飛行して鹿児島空港に到着しました。地方空港としては、多くのエアラインが乗り入れていることがわかります。
f:id:nishiuraexp:20181208183902j:plain
 鹿児島空港では搭乗機を綺麗に写せました。
 フライトの度に気象条件がちがうので、一概にはいえませんが、飛行機は鉄道と違い、機体の体積と気流の早さである程度揺れの大きさが決まってしまうのでしょうか、LCCなどで多用される3列、3列のA320などと比べても、今回は揺れが大きい印象はありました。
 しかし満席になっても100人以下の機内で、CAさんの気配りやサービスは大型の機材より行き届いていたように思いますし「大型の機材に遜色ない機内スペース」というのも、単なる「売り文句」などではないということも実感できました。
 復路も同じ機材ですので、空きがあればクラスJを体験してみたいとおもっています。

 つづき、「空港近くの秘境駅「嘉例川駅」経由で鹿児島市内へ。」は、こちらです。
www.nishiuraexp.com