西浦特急 鉄道と旅のブログ

鉄道・飛行機などで国内外を旅行した様子のほか、鉄道を中心に交通全般の話題を取り上げます。

難波・関空から2000円で徳島へ 南海電鉄の格安切符「すきっぷ」

大阪から徳島へ行く場合、現在では高速バスの利用が一般的だと思いますが、南海電鉄の企画切符「すきっぷ」を利用すると、高速バスの半額に近い2000円で行くことができます。休日の場合、南海難波駅発7:10、9:10、12:20、14:50、17:50(2018年9月現在のダイヤ)の特急サザンに乗車すると、和歌山港駅で徳島港行の南海フェリーに10分から15分で接続。さらに徳島港では徳島駅行のバス(別途210円必要)に接続しています。所要時間は和歌山港までが1時間強、フェリーが2時間、徳島駅までのバスが20分程度で、トータルでは徳島港まで3時間半程度、徳島駅までは4時間程度です。特急サザンは510円、フェリーは500円を追加することで、それぞれ座席指定車両とグリーン席にアップグレードすることもできます。同じ2000円で関西空港版もあり、より遠方からの四国旅行に、例えば成田からLCCで関西空港に到着したのちに、この乗車券を利用して徳島から四国入りする、というような利用も考えられます。(写真:和歌山港駅での船車連絡風景 左に見えているのが徳島港行フェリー 連絡通路があり雨でも濡れることはありません。)f:id:nishiuraexp:20180909214829j:plain